Ethiopia Tamiru Tadesse ALO Berry Natural 浅煎り

¥1,000
税込

サイズ
スタイル
この商品は利用できません

 エチオピア タミル・タデッセ アロベリー ナチュラル 浅煎り

 

Tasting Notes:長い甘い余韻、トロピカルキャンディ、ブルーベリー、ハイフローラル、シャインマスカット



・生豆生産国(Country) エチオピア(Ethiopia )

・地域(Region) シダマ ベンサ アロ(Sidama Bensa Alo)

・生産者(Producer)  タミル タデッセ(Tamiru Tadesse)

・標高(Elevation)  2380-2480m

・精選(Process)  ナチュラル(Natural)

・品種(Verietal)  エチオピア在来種(Heirlooms)

・焙煎(Roast)easecoffee



 <Buyer's comments> 

2021年COEエチオピアの1位と5位に入賞したタミル・タデッセ氏は、ALO COFFEE PLCのオーナーであり、エチオピアのトップクラスである優れた若いコーヒー生産者の1人です。
2022年、タミル氏はウォッシングステーションを新たに所有し、シダマ地域のベンサ アロ村にある17ヘクタールのコーヒー農園を購入しました。
タミル氏の"ALO Berry(underscreen)"はタミル氏のロットに限らずグジあたりにも存在し、スクリーンサイズが小さいながらもインパクトの強いフレーバーなどから世界中で人気を集めています。
その中でもベンサという土地柄で育った特徴あるUnderscreenは、他とは違いベンサのアロ村という特殊な環境で育った豆に「ALO Berry」という名前を付けました。

Underscreenでもさらに異質な小ささで、その中に素晴らしいポテンシャルが凝縮されているようなコーヒーになっています。
是非お試しください。


Tamiru Tadesse, 1st and 5th prize winner of the 2021 COE Ethiopia, is the owner of ALO COFFEE PLC and one of Ethiopia's top class, outstanding young coffee producers.
In 2022, Mr Tadesse took ownership of a new washing station and purchased a 17-hectare coffee plantation in the village of Bensa Alo in the Sidama region.
Tamil's 'ALO Berry (underscreen)' is not limited to his own lot, but also exists around Gujji and is popular worldwide for its small screen size and high-impact flavour.
Underscreen, which is unique in that it is grown in Bensa, has given the name 'ALO Berry' to the beans grown in the special environment of ALO village in Bensa, which is different from the others.

It is a small coffee that is even more heterogeneous than Underscreen, and has a great potential concentrated in it.
We invite you to try it. 

 

パッケージに焙煎日を記載しておりますのでご確認ください。
焙煎後2-3週間ごろが最もフレーバーが感じやすくおすすめしています。
焙煎後2ヶ月前後はは美味しくお楽しみいただけます。